楽々ママのHAPPY育児日記

一姫二太郎三太郎の子育て中。育児はもっと楽に楽しく!!プレママ、新米ママ、年子育児ママ向けに、3人を育てる中で気づいた事、おススメグッズ、遊び場、日々のエピソードなどをご紹介したいと思います!

MENU

【兄弟喧嘩の仲裁方法】親は〇〇しないでね!!

スポンサーリンク

 

こんにちは。楽々ママです。

 

我が家の一姫(5歳)と二太郎(4歳)は一歳五か月差です。

 

この二人、、

まぁ、毎日飽きもせず喧嘩をしています。

そして、朝起きて夜寝るまで(保育園の時間以外は)ずっと一緒に遊んでいます。

仲がいいのか悪いのか。。

 

親がしてはいけない事とは?

 

子ども同士が喧嘩している場合、親は仲裁に入るべきか見守るべきか、いろいろ悩みますよね。

今まで何度となくこの姉弟の喧嘩に付き合わされていますが、何となく対処法が身についてきました。

 

それは、「ジャッジをしない」という事。

 

子ども達は、

「一姫が○○した!」

「だって二太郎が○○したから!!」

「どっちが悪い??」

 

とお互いに、自分が被害者だと言わんばかりに泣きながら訴えて来ます。

そんな時親はつい、状況を細かく聞いて、

 

「なるほど!それはこっちが悪いね!!

ごめんねしなさい!!」

 

なんて言いたくなりますよね?

でも、子供たちはそんな事は望んでいません。

 

親が取るべき理想の対応方法とは?

 

「そっか、一姫に○○されちゃったのか、それは嫌だったね!」

 「一姫は本当はこうしたかったんだね、悲しかったね」

 

とういうような感じで、二方美人でいいので二人の気持ちを受け止めます。

 

すると、子ども達は「どっちかが怒られる」と思っていた事が、自分の気持ちを受け止めてもらえた事で

「うん、うん、私悲しかったの。抱っこして。」と。

 

子ども達は、相手を悪者にして怒って欲しい訳ではないんです。

 

自分が嫌だった、悲しかった気持ちを受け止めて欲しいだけ。

 

だからなんだか知らないけど巻き込まれた私が17kgの二人を順番に抱っこするハメになったりするのですが、喧嘩はすんなりおさまってまた二人で遊び始めます。

 

年子育児は、まさに「正妻と愛人と一緒に暮らす」ようなものなのです!!

 

「君を一番愛しているよ!」

「君が一番大切に決まってるじゃないか!」

 

と、傍から見たら

「おいおい、調子いい旦那(ママ)だな!」

と思われるような感じでいいんです!!

 

正妻も愛人も愛されているという事が分かれば、それぞれの気持ちが満たされれば、仲良く暮らしてくれますよ!

 

とまぁ、こんな感じでできるのが理想的なのですが、もちろんこちらも普通の人間。

 

時間的に余裕がない時、疲れている時などは

 

「どっちでもいい!!」

「どっちも悪い!!」

 

などと一喝することも。。

 

それはそれで、共通の敵ができて結束力が高まるみたいです。