楽々ママのHAPPY育児日記

一姫二太郎三太郎の子育て中。育児はもっと楽に楽しく!!プレママ、新米ママ、年子育児ママ向けに、3人を育てる中で気づいた事、おススメグッズ、遊び場、日々のエピソードなどをご紹介したいと思います!

MENU

マイストーリー④(進路に迷う女子大生)

スポンサーリンク

こんにちは。楽々ママです。

 

毎度、マイストーリーにお付き合いいただきありがとうございます。

 

今日は心理学部に入学した所からスタートです!!

 

大学に入ると
「私は自由だ〜!!」

 

長い間のカースト制からの解放!!
狭い世界からの脱却!!

 

あ〜、なんて大学ってステキな所なんでしょう!!

 

(ちなみに未だにバラモンセンサーは持っていて、「あ、この人学生時代バラモンだったろうな」って人はわかります。そして、相手に伝わらない程度にビクビクしてます。笑。)

 

とにかく自由を手に入れた楽々ママ。気の合う友達もたくさんできて、あっという間に四年が経ってしまいました。

 

そしてまたまたやって来ました。

進路についての悩み。

 

③で書いたばっかりなのに!

 

心理学部で学んだ事を生かすためには大学院に行かなければなりませんでした。

 

学校の先生になりたいという弱い目標は継続してあったため、教員免許は取っていました。

 

心理学部では、中学、高校の教員免許の他、養護学校教諭の免許を取得する事ができ、

友達の多くは、養護学校福祉施設への就職か、大学院への進学を選択していました。

 

私はというと、、
自己分析を繰り返す中で、
私は「理解が早い」「理解した事を噛み砕いて、分かりやすく人に伝えるのが得意」「教えるのが好き」などの特性を感じていました。

 

やはり学校の先生か?
でも、「教育」にはあまり興味がないんだよな。。どっちかっていうと「授業」をしたいだけなんだよな。。

 

となると塾の講師か??


という事で、1つは塾の講師を選ぶ事にしました。

 

そして、
でもまてよ?

(暗黒の中学高校時代を過ごした楽々ママにとっては、中高生はあまり得意とする分野ではありませんでした。)

 

だってバラモン恐怖症の私なのに、教える相手がバラモンだったら怖いじゃないですか!笑。

 

やっぱり、教える相手は大人がいい!!という思いが芽生えて来ました。

 

人と接するのが好き。でもやるからには知識を蓄積できるような、スキルアップするような仕事がいいな、と思い、銀行を中心に就職活動をする事にしました。

 

当時は就職氷河期と言われる時代でしたが、塾の講師と大手都市銀行のそれぞれで内定をもらう事ができました。

 

地方への憧れが強い楽々ママ。

内定をもらったのは広島に展開する塾でした。

 

本気で迷いました。好きな「教える」という仕事。憧れの地方暮らし。

 

そこで待ったをかけたのは珍しく母でした。

 

母は大手都市銀行の内定を蹴るのはもったいない。塾の講師は後からなろうと思えばなれるかも知れないけど、銀行には今しか入れない。と私を説得しました。

 

どこかで単身広島に行く事にビビっていた部分もあったので、母の説得を振り切ってまで、私は広島で塾の講師をするのよ!!と思う事ができず、大手都市銀行に就職する事になりました。

 

う〜ん。。引き続き情けないですね😅💦


ここでもやはり、「失敗を恐れる」気持ちが強く出てしまいました😅💦