楽々ママのHAPPY育児日記

一姫二太郎三太郎の子育て中。育児はもっと楽に楽しく!!プレママ、新米ママ、年子育児ママ向けに、3人を育てる中で気づいた事、おススメグッズ、遊び場、日々のエピソードなどをご紹介したいと思います!

MENU

マイストーリー番外編(仲良し4人兄弟)

スポンサーリンク

こんにちは。楽々ママです。

 

昨日まで、マイストーリーをお読みいただき本当にありがとうございます。

 

今回はマイストーリーの番外編。

楽々ママの仲良し4人兄弟についてです。

 

4人兄弟って珍しいですよね!しかもほぼ年子。自分の兄弟以外に見た事ありません‼️

 

私達4人兄弟は仲の良さが自慢です!

 

何故こんなに仲良く育ったのか?
いや、喧嘩は毎日してましたけどね😅

 

仲良しの要因は、昭和の父、楽々じぃじの存在です!!

 

マイストーリー①でもお話しましたが、ホント、めっちゃ怖かったんです。

 

4人で束になってかかっても到底太刀打ちできない絶対的な存在。

 

共通の敵(あ、とは言え、みんな楽々じぃじは大好きです)を前に固まる結束力。

 

そして、両親の教育方針は「兄弟を比べない」「1人1人を一人っ子のように育てる」でしたので、兄弟は親の愛情を奪い合うライバルというよりは、励まし合い、慰め合う仲間のような存在でした。

 

とはいえ、兄弟が多いとどうしても生まれ順による影響を意識せざるを得ず、いくら一人っ子として親が育ててくれたって、実際は周りに兄弟がいるのですから、その環境が何か自分の人生に影響を与えているのではないか?と気になる訳です。

 

そして、心理学部に在籍していた楽々ママが卒業時に提出したゼミ論の題材がこちら。

 

 

「出生順位が進路選択に及ぼす影響について」

 

 

詳細は忘れてしまったのですが内容は大体こんな感じ。

 

兄弟の出生順位と性別を元に四つのグループ分けを行います。 

 

長子ー女
長子ー男
長子以外ー女
長子以外ー男

 

なぜこんな分け方をしたかというと、「長女」「長男」というカテゴリーにしてしまうと、同じ長女でも、本当に一番上の長女と、上に兄がいる、出生順位的には2番目の長女が存在するからです。

 

現に私の弟は長男ですが、上に姉が3人いる、「末っ子長男姉3人」です。

 

そして、一番上か、それ以外と分けたのは、実感として一番上だけが特別な環境(何をするにも、親も親としては初めての事ばかり。頼りになる人がいない中自分で道を切り開かねばならない)で、それ以外は長子が通った道を通るだけで、2番目3番目はあまり関係ないように思ったからです。

 

そして、この一番上か、それ以外か、という順位が進路選択をするときにどんな影響を与えるかを、学生何百人(サンプル数は忘れました😅)にアンケートを取って集計した訳です。

 

 

気になる結果ですが、

影響出ました!

「進路選択にまじめに取り組む」という項目に置いて、長子ー女が有意に高ポイントを獲得。

 

他にも長子以外ー男が何かの項目に置いて、低ポイントを獲得したのですが、忘れてしまいました。すみません😅💦

 

ざっくり言うと、一番上のお姉ちゃんは真面目だという事です。

 

進路選択というやや親の影響も受けそうなこの項目においては、「お兄ちゃん」が一番影響を受けると思っていたのですが、長男が家を継ぐという意識の薄れた現代においては、意外とお兄ちゃんは自由に生きていて、お姉ちゃんが知らず知らずのうちに真面目さを求められて生きてきたという結果が出た訳です。

 

ご自身がお姉ちゃんの方、お姉ちゃんがいる方、お姉ちゃんを育てている方、思い当たる節はありますか??

 

かくいう私も一姫が長子ー女なので、なるべく出生順位が影響しないように育ててあげたいなと意識しています。

 

********************

 

4人も兄弟がいると、基本的に1人で家にいる、という事はほとんどなく、初めて1人で留守番をしたのが小6の時。初めて1人で電車に乗ったのもおそらく高学年の時だと思います。

 

食卓はとにかく賑やか。昭和の父楽々じぃじは、「一家団欒」をとても大事にしていて、夕飯中テレビは禁止!!

 

そのため、当時流行っていたバラエティなどを一切見る事ができず、未だに同年代の方との思い出話で、サバを読んでるとからかわれるほど、テレビに疎い子ども時代でした。

 

夕飯中は、会話の奪い合いです。
気を抜くといつのまにか別の人の話題になってます。

 

そして楽々ばぁばはとっても料理上手。短時間におかずを何品も作り、食卓に乗り切らない程でした。

 

大学生になるまで、魚が1つで主菜になるって知りませんでした😅


実家では主菜級が三品くらいあって、魚があったとしても必ずお肉料理もあったのです😆

 

魚って副菜じゃないの?←娘としての楽々ママの発言です。許して下さい💦

母となった楽々ママは平気で魚焼いただけで主菜としますがね👍

 

そんな感じで美味しく楽しい夕飯タイムが大好きだったので、中学受験で塾に行かなければならなくなった時、しばらくはお弁当を持って四教科勉強してたのですが、

 

夕飯は家族と食べたい思いが強すぎて、途中で二教科受験に切り替えました。

 

結局4人兄弟全員二教科受験。笑。

 

皆、夕飯は家で食べたかったんですね🤣

 


兄弟が多く、仲がいい事で得られるものはたくさんあります。

 

それは、身近に違う人生をたくさん観れるという事。

 

1つ上の姉は、小学校からバレエに夢中になり、宝塚の最終面接まで行って落ち、短大卒業後単身イギリスに渡り、かれこれ20年、イギリスで生活しています。

 

宝塚については、楽々ばぁばの勧めで観に行って兄弟でハマりました!女優として有名な、天海祐希さんや真矢みきさんがバリッバリの男役だった頃、めちゃくちゃ観てました😆✨

 

私が言うのもなんですが、姉のダンスはカッコよく、最終で落ちたのはホントに残念でした😭


とはいえ、今は宝塚に入らなくて良かったねっていうくらい、ファンキーに生きてますが。笑。見た目はほぼ外人。年に数回帰国しますが、先日も一緒に行ったレストランで1人だけ英語のメニューを渡されてました🤣

 

1つ下の妹は、子供の頃から大の動物好き。子供の頃からの夢を叶え獣医となり、旦那さんと一緒に動物病院をしています。子どもの頃からの夢を叶えるって、なかなかできないですよね!

 

3つ下の弟は会社員です。唯一の男として生まれた弟は、自営業の楽々じぃじの仕事を継ぐか最後まで迷っていましたが、自分の特性や時代の変化なども考慮してサラリーマンの道を選択。

 

それぞれがそれぞれの道で生きています。


だから私、視野が広いんです!!

 

本来ならば自分で広げなければいけない世界。見られない世界を、兄弟の目を通して見れる。

 

生き方は1つじゃない。そう思えるのは、兄弟のおかげだと思っています。

 

楽々パパと結婚する時、楽々パパは私にこう言いました。

「兄弟が多くて仲良くていいね。最初から親友がセットで生まれてきたようなもんだね」と。

 

本当に。人生で親友が1人見つかればいい方だっていうのに、最初から3人もセットで生まれて来れるなんて、なんてラッキーなんでしょう🙌✨

 

長くなりましたが、これでマイストーリーは終わりです!

 

最後までお読みいただき本当にありがとうございました‼️

 

皆さんに、楽々ママがどんな人物像か知っていただければとっても嬉しいです😆

 

今後も、育児を通して感じた事、お役立ちグッズやお役立ち情報をブログに書いていければと思っていますので、引き続きよろしくお願いします😊