楽々ママのHAPPY育児日記

一姫二太郎三太郎の子育て中。育児はもっと楽に楽しく!!プレママ、新米ママ、年子育児ママ向けに、3人を育てる中で気づいた事、おススメグッズ、遊び場、日々のエピソードなどをご紹介したいと思います!

MENU

【スイミングスクール】集団レッスンvs個人レッスン メリットデメリットまとめ

スポンサーリンク

こんにちは。楽々ママです。

 

今日は、現在小学一年生の一姫が2年ちょっとの間に集団個人両方のスイミングスクールに通った経験を元に、集団レッスンと個人レッスンのメリットデメリットを考えたいと思います。

 

 

まずは一姫の経験から。

 

【〜4歳】

顔に水がかかるだけで泣くほど水嫌い。

(赤ちゃんの頃から、美容師さん並みに気を遣って顔に水がかかないように髪を洗ってきたせいかも?)

 

【4歳〜5歳】

集団のスイミングスクールに通う。

一年経って、やっと水慣れクラスから1つ上のクラスに進級。

(あまりの進みの遅さに、スイミングスクールの進級方針を疑う)

 

【5歳〜5歳半】

集団のスイミングスクールを辞め、大手の個人レッスンへ。

半年通うもプールの工事の関係でレッスンが強制終了。

 

【5歳半〜6歳】

口コミだけで営業している少人数制の先生のレッスンへ。

20m泳げるようになるも溺れかけ、すぐに助けてくれなかった先生に不信感を覚え退会。

 

【6歳〜】

小学校でプールが始まり、再びプールへの興味と意欲が高まった一姫の希望により、再度最初に通っていた集団レッスンのスイミングスクールへ入会。現在に至る。

 

こんな感じになります。

 

ここから、集団レッスン個人レッスンのメリットデメリットをそれぞれまとめたいと思います。

 

【集団レッスン】

(デメリット)

①とにかく進みが遅い

②プールに浸かって待っている時間が長い

③振替の回数や期限に制限がある

 

(メリット)

①進級する喜びを味わえ、やる気が出る

②先生によって大きな差がない

③月謝が安い

 

【個人レッスン】

(デメリット)

①月謝が高い

②先生によって教え方が異なる

③「進級」という概念がない

④予約方法に違いがあり、場合によっては予約が取りづらい

⑤使えるプールに制限がある

⑥溺れかけた(かなり特殊な例かと思いますが)

 

(メリット)

①集団レッスンより圧倒的に上達が早い

②個別に予約を取るシステムの場合、曜日時間を自由に選べる

③個別に予約を取るシステムの場合、月4回でなくても良い

 

 

個人レッスンは集団レッスンに比べて圧倒的に上達が早いです。

 

しかしながら、先生との相性や、先生の教え方、予約方法、プールの場所、などには個人差があり、その辺りを入念に調べた結果、いい先生に出会えれば個人レッスンがおススメです。

 

一姫の場合、プールの工事の都合で強制終了になってしまった個人レッスンは、大手が経営している安心感もあり、先生との相性も良かったため、強制終了さえなければここでずっと習っていたと思います。

 

次に習った少人数制の先生は、昭和感のある体育会系の先生で、溺れてもすぐに助けてくれず、そこから学べというような思想の持ち主。(←入会した時は知らなかったです)

 

この先生の元で20m泳げるようになったものの、まだ自信がなく、深いプールへの恐怖で上手く泳げず混乱して溺れた際に、すぐに助けてくれなかったという理由で退会。

 

この時期を乗り越えたお友達は、すでに平泳ぎ、背泳ぎもできるようになっているので、相性や本人の根性、親の考え方によって、選択が変わるかと思います。

 

以上のように、個人レッスンは「誰に」習うかが非常に重要です。

 

一方、再び集団レッスンのプールに戻った一姫は、さっそく進級テストに合格してやる気満々。

 

溺れない安心感も後押ししてるようです。

 

現在、二太郎も同じ集団レッスンのプールに通い始めましたが、二太郎については進みが遅い事を覚悟で、集団レッスンに通い続けようかと思っています。

 

「泳げるようになる事」だけを目的とした場合、圧倒的に個人レッスンが上達が早いですが、

 

「頑張った結果、進級できた!」などの喜びが味わえるという副産物も、集団レッスンの良さだったのだと気づきました。

 

以上が2年に渡り、試行錯誤した結果です‼️

 

参考になれば嬉しいです😆