楽々ママのHAPPY育児日記

一姫二太郎三太郎の子育て中。育児はもっと楽に楽しく!!プレママ、新米ママ、年子育児ママ向けに、3人を育てる中で気づいた事、おススメグッズ、遊び場、日々のエピソードなどをご紹介したいと思います!

MENU

【妊娠出産】子宮頸管無力症で4ヶ月入院6〜一姫の場合〜

スポンサーリンク

こんにちは。楽々ママです。

 

さて、思いの外長くなっている一姫の出産エピソードですが、いよいよ一姫が生まれます。やっと。笑。

 

お付き合いいただいている皆さまありがとうございます🙇‍♀️

 

11.正期産

 

さて、37週を過ぎると、先生方は手のひらを返したように?「とにかく歩いて下さい」と言い出しました。

 

今まで4か月間、ひたすら動くなと言われていたのに😅

 

さらに、

「楽々ママさん場合、長い安静生活で筋力がなくなっているので、少しでも筋力つけないと産む時大変ですよ‼︎」

 

え〜😱😱😱

 

安心したのも束の間。

今度はまさかの筋トレ!?

 

筋トレは大げさですが、とにかく歩いて足の筋肉を少しでも戻せという指示で、37週からはひたすら近所を散歩していました。

 

先生方のおっしゃる通り、筋肉がなくなっていて自分でもビックリ‼️

 

ちょっとした坂も、登るのに苦労しました。

 

12.予定日

 

さて、16週から「いつ産まれてもおかしくない」と言われていた一姫ですが、なんと予定日を過ぎても産まれませんでした🤣

 

先生

「おかしいわね〜。。意外と産まれないね。笑」←もう笑われる始末。

「42週までは待てないから、このまま産まれなかったら、陣痛促進剤使って計画分娩しましょう‼︎いつにする??」

 

いつ産まれてもおかしくないと言われ続けた一姫を、まさか陣痛促進剤で強制的に出すとは‼︎

 

という事で、41週ピッタリに予約を取り計画分娩をする事になりました。

 

13.前日

 

いよいよ明日計画分娩のため入院をする。という前日の夜中。

 

明け方の4時頃、いつもと違うお腹の張りに、何故だかすぐに陣痛だと気づきました。

 

急いで病院に電話をすると、

「10分間隔になったら来て下さい」というお決まりの文句を言う看護師さん。

 

私の名前と、医師から陣痛が来たらすぐに病院に来るようにと言われている旨を伝えると、

 

「すぐ、来てください!!」

 

ある意味VIP待遇ですよ!←要注意人物とも言う😅

 

という事で、楽々パパを起こして車で病院へ。

 

すぐに陣痛待ち&分娩室に通されました。

 

14.出産

 

そこからは、もう普通の妊婦さんと同じですね‼︎

 

病院についた時子宮口が3cm開いた状態。

 

そこから徐々に陣痛が強くなっていき、波が来る度に楽々パパに背中をさすってもらうも

 

「そこじゃない💢」

「くるくる、次の波くる!早く💢」

 

多分、相当怖かったと思います😅💦

 

だって痛いんだもん😭😭😭

 

子宮口測ってもらうと「7cm」

 

まだ7cmなの!?この痛みいつまで続くのさ〜😭😭😭と思っていると、

 

看護師さんからお風呂に入らないかと突然の提案。

 

どうやらお風呂に入ると、急速にお産が進む場合があるのだと。

 

半信半疑で、陣痛の合間にお風呂に浸かる。

 

すると‼︎

 

なんと子宮口が9cmに!

 

「そろそろ分娩台に上がりましょう!!」

 

やったー‼️

 

次回に続く。

あれ?一姫生まれなかったですね😅💦