楽々ママのHAPPY育児日記

一姫二太郎三太郎の子育て中。育児はもっと楽に楽しく!!プレママ、新米ママ、年子育児ママ向けに、3人を育てる中で気づいた事、おススメグッズ、遊び場、日々のエピソードなどをご紹介したいと思います!

MENU

寝かしつけが辛い!!夜寝ない赤ちゃんに困っているママへ

スポンサーリンク

こんにちは。楽々ママです。

 

昨日に引き続き、寝かしつけについて書きたいと思います。

 

本日は「目がランラン!夜になっても寝ない赤ちゃんに困っているママ」についてです。

 

夜になっても目がランランでなかなか寝る気配のない赤ちゃん、いますよね?

 

そんな場合におすすめな方法が

「寝る前30分のラブラブタイム」と

「日中の過ごし方を見直す事」

 

 

【寝る前30分のラブラブタイム】

 

「寝かしつけ」に入る前、部屋を暗くして赤ちゃんとスキンシップを取る時間の事で、

実際は30分もいらないと思います。

 

赤ちゃんは何故か寝るのが不安なんです。

だから寝る前にママといっぱいラブラブして、愛情をいっぱい感じ、

安心して眠りに落ちていく。これが理想なんですね!

 

やっぱりママとくっついているのって幸せなんでしょうね!

 

安心感は眠気につながるようです。

 

「さあ!寝かしつけするぞ!!」と思わずに、まずは部屋を暗くして、しばらく

赤ちゃんとラブラブタイムを楽しんでください。

 

膝の上に乗せてあげてもいいですし、おでこをゴツンとしてみたり、頭やおでこを撫でてみたり。

 

「寝かしつけするぞ~」と思っていなければ、意外と自分も幸せな気持ちになれるので

「赤ちゃんとのラブラブタイム」おススメです。

 

寝かしつけの最大のコツは

「安心感を与える」事だと思います。

 

 

【日中の過ごし方を見直す】

 

1.朝遅くまで寝かさない。

(七時半くらいまでには起きて欲しいのですが、起きない場合もカーテンを開け、

太陽の光を感じさせるようにする)

 

2.お昼寝は長くても一回2時間以内

(お昼寝している間も、あえて暗く静かにしてあげたりせず、明るくガヤガヤした昼間の雰囲気の中で寝かせる)

 

3.日中はなるべく「明るく騒がしく」過ごす

(外出がおススメ。外の空気、外の騒がしさは日中ならでは!

人と会っておしゃべりするのもおススメ。人の声は騒がしい!)

 

4.夜寝る前の数時間は同じリズムで

(ごはん→お風呂→おっぱい(ミルク)→ラブラブタイム→寝る)

(お風呂→ごはん→遊び→おっぱい(ミルク)→ラブラブタイム→寝る)

など、寝るまでの流れを毎日同じにする。

 

以上をお試しいただきたいと思います。

 

大人でもありますよね?変に日中お昼寝しちゃって、夜寝れなくて困ったり。

 

昼と夜の区別がはっきりしていない赤ちゃんならなおさらです!!

 

夜の区別を教える前に、日中、

「今は昼だよ!!」

という事を徹底的に教えてみてください。

 

きっと寝かしつけが楽になると思いますよ。

 

皆さんの寝かしつけのヒントになれば嬉しいです!!