楽々ママのHAPPY育児日記

一姫二太郎三太郎の子育て中。育児はもっと楽に楽しく!!プレママ、新米ママ、年子育児ママ向けに、3人を育てる中で気づいた事、おススメグッズ、遊び場、日々のエピソードなどをご紹介したいと思います!

MENU

【ランドセル】女の子のランドセルは何色?後悔しない色選びのコツは?

スポンサーリンク

こんにちは。楽々ママです。

 

今回はランドセルの色選びについてのお話です。

 

最近のランドセル、特に女の子のランドセルの色は本当に多彩です。

 

何色にすれば良いか、本当に悩みますよね。

 

【誰が決めるか】

1.本人に決めさせる

2.有無を言わさず親が決める

3.親と一緒に決める

 

1.本人に決めさせる

この場合、親が心配するのは

 

①5,6歳で選んだランドセルを

高学年になった時に後悔しないか?

 

②奇抜な色にならないか?

 

が大きな所かと思います。

 

①に関してですが、

私がセイバンショールームを訪れた際、

店員の方に聞いた話によると、

 

学年が上がるにつれて、

子供のランドセルへの興味は薄れていくとの事。

 

私的に言い換えると、

高学年になるとランドセルの色なんでどうでもいいって事みたいです😅

 

なので、セイバンの店員さんは、

お子さんがランドセルに興味のある

「今」の気持ちを大切にする事をお勧めします。とおっしゃっていました。

 

とは言え

「キャラクター物にして後悔した」

「汚れが目立って後悔した」

などの意見がありますので、

 

お子さんには

事前に想定されるリスクについては

一言伝えておくといいかと思います。

 

②の奇抜な色にならないか?についてですが、

一姫入学後に周りを見回してみたところ、

 

水色、ラベンダー、ピンク、赤、茶色、キャメルetc

 

皆、本当にいろんな色のランドセルを持っています。

 

昭和の凝り固まった私の頭では

奇抜な色はやめた方がいいという思いが

少なからずありましたが、

実際小学校で見てみると

一体何が奇抜な色なのか?といった感じ。

 

とは言え、こちらに関しては

地域差が多少あるようですので、

チャンスがあれば

お子さんが通う予定の小学校の子たちが

背負っているランドセルを見ておくといいと思います。

 

2.有無を言わさず親が決める

 

子どもには選ばせなかったという

ママもいました。

 

理由を尋ねると、

「防犯上の理由」だそう。

 

あまり変わった色のランドセルを持たせると、

通学路で狙われやすいという意見を聞いて、

 

なるほど、そんな考え方もあるんだなと思いました。

 

先ほども申し上げた通り、最近は本当にいろんな色のランドセルを見かけるので、

 

「この色は変わってる!」というのは

あまりないように思いますが、

 

それでも「何色」と特定されるよりは

安全という考え方も一理あるかな、と思います。

 

3.親と一緒に決める

 

これを実行している親は結構多かったです。

 

親が先にいくつか候補を決めて、

その中からお子さんに選ばせたり、

 

理由を話していくつかの色は除外し、

残った色の中から選ばせる。

 

など、ある程度絞り込まれた中であれば、

お互いに納得のいく選択ができる可能性は高いですね!

 

【後悔しない選び方】

 

さて、こんな熱弁を奮っている私ですが、

実は色選びに失敗しています。

 

前回の記事で、一姫が「鞄工房山本」のランドセルに決めた事をお伝えしました。

 

どのランドセルもとても可愛かったので

その中から選ぶ事は決まったのですが、

 

当初一姫は「黒色のランドセル」を選択しました。

 

先ほど申し上げた通り

昭和の凝り固まった頭の私にとっては、

どうしても女の子は「赤っぽいランドセル」

男の子は「黒っぽいランドセル」

 

というイメージが拭い去れなかったんですね。

 

ましてや、ゴリゴリのピンクを選ぶと思っていた一姫がまさか「黒」を選ぶと思っていなかったので、

 

思わず

「黒はないわ〜」

 

と一蹴してしまったんです💦

 

その後一姫はそれ以上黒にしたいとは言わず、

 

つぎに選んだ赤っぽいピンクでその場は丸く収まったのですが。。

 

後日また言われてしまったんです。

「本当は黒が良かった」

「黒にキラキラがついているのが

可愛いと思ったから」と。

 

正直、そんなに黒にこだわりを持っていたとはつゆ知らず、

 

その場の雰囲気と初めてのランドセル選びで血迷ったのかと思っていたので、とても驚きました。

 

誤解のないように言っておくと

私は黒のランドセルを否定している訳ではなく、

 

あくまで一姫が黒を選ぶイメージがなかったため、です。

 

しかしながら、

鞄工房山本のランドセルは

キャンセル料がかかってしまうため、

 

キャンセル、変更はできず、

 

一姫には

「お母さんが悪かった。これからは一姫の意見をもっと聞くようにするし、お母さんの言う事を全て聞く必要はないから、自分の意見を抑えず言って欲しい。ランドセルはいい勉強になったね。」

 

という事で、幕を閉じました😭💦

 

とは言え、届いたランドセルは

本当にとても可愛くて上品で、

 

現在は一姫自身も

とても気に入って使っています。

 

【ランドセルの色を気にしているのは年中、年長、一年生の親だけ】

 

長々と書いてきて、どうやって選べばいいか混乱してしまっているパパママに最後にお伝えします。

 

ランドセルの色を気にしているのは、

年中、年長、せいぜい一年生の親だけです!

 

私自身も、今まで小学生の子供たちが

何色のランドセルを背負っているかなんて、

気にもとめていませんでしたが、

 

一姫のラン活中はやたらと目に入って来ました😅

 

そして、そうまでして一生懸命選んだランドセルも、

 

入学すると、

一年生の印=黄色いカバーをかけられます😅💨

 

なので、考え方は各ご家庭様々あるかとは

思いますが、あまり深刻に考え過ぎず、

 

楽しいラン活をしていただきたいと思います❣️