楽々ママのHAPPY育児日記

一姫二太郎三太郎の子育て中。育児はもっと楽に楽しく!!プレママ、新米ママ、年子育児ママ向けに、3人を育てる中で気づいた事、おススメグッズ、遊び場、日々のエピソードなどをご紹介したいと思います!

MENU

【おススメ育児本】ヨチヨチ父ーとまどう日々ー

スポンサーリンク

こんにちは。楽々ママです。

 

今回は以前読んだ面白いイラストエッセイをご紹介したいと思います。

 

皆さんはヨシタケシンスケさんをご存知でしょうか?

 

・毎年12月に発表される「MOE絵本屋さん大賞」で2014年から4年連続で第一位に選ばれている

 

・「小学生がえらぶ!子どもの本総選挙」でもトップ10に4冊の作品がランクイン

 

今最も注目されている絵本作家さんの一人です。

 

そんな話題の絵本作家であるヨシタケシンスケさんが父になってわかった「トホホな真実」を描いた初の育児イラストエッセイが

 

「ヨチヨチ父」-とまどう日々ー

です。


こちらの本
「赤ちゃんとママ」という月間雑誌で2013年から約3年間連載されていた「ヨチヨチ父」をまとめた作品。

 

34歳でパパとなったヨシタケシンスケさんが、子育てをしていく中で戸惑ったことや
困った事を、パパ目線で書いたエッセイなのですが。。

 

これが本当に面白い!!


イラストを交えて紹介できないのが本当に残念なのですが。。

 

「父として最初に我が子に望む事」それは。。

          「早く首が座って欲しい」

 

パパ=「ママじゃない何か」代表


ママの視界→「赤ちゃん」
赤ちゃんの視界→「ママ」
パパの視界→「ママと赤ちゃん」
以上から二つの事がわかります。
パパは誰にも見られていない
②パパはたいてい「ママと赤ちゃん」をセットで見ている。

 

 

など、ママからすると「あはは!そうかも!」というようなイラスト付きの短編のストーリーが描かれています。

 

そういえば、「パパ」の気持ちってあまり聞いたことない!!って思いませんか?

 

そんな、育児においてはなんとなく「蚊帳の外」に置かれがちなパパが蚊帳の外から何を思い、奮闘しているのか、がよくわかるエッセイです。

 

微笑ましく、涙ぐましく、心温まる内容です。


ヨシタケシンスケさんは本のあとがきで

 

「喉元すぎれば熱さ忘れる」と言いますが、育児雑誌の紙面で今まさに熱いものを飲み込もうとしている方々(なりたてのパパとママ)に
向けて何を言えばいいのだろう?当時の自分は聞く耳を持てただろうか?
    ~中略~

唯一できることは
「喉元すぎる時って、熱いよねー!!」
共感を寄せることだけです。

 

と書かれています。

 

このお気持ちとってもよくわかる!!

 

 

私も第一熱さは喉元を過ぎ、同じく熱いものを飲み込もうとしている方々に何かお役に立てればとブログにいろいろと書いてはいるものの、

うまく伝わっているのかな?と自問自答。

 

 

やはり、「喉元過ぎる時って熱いよね!!」と言いたくなったりします。

 

そして、それをパパ目線で、可愛いイラストを交えて、おもしろおかしく描いてくれているのが「ヨチヨチ父」なのです。

 

ご興味ある方は是非、パパと一緒にご覧ください!!

 

楽々パパも、「わかるわかる」とうなづきながら読んでいましたよ!

ヨチヨチ父 とまどう日々 [ ヨシタケシンスケ ]

価格:972円
(2019/9/22 06:49時点)
感想(35件)